2017年05月29日


DialogFragment の AlertDialog

フラグメントを使用しています。但し、その部分は public static class として MainActivity 内に定義する簡易タイプです。

ダイアログがシステムで再作成されても引き渡すパラメータが正しく使用されるように、build メソッドを DialogFragment クラス内に作成して使用しています。
import android.app.Dialog;
import android.content.DialogInterface;
import android.app.DialogFragment;
import android.app.AlertDialog;
import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.os.Bundle;
import android.util.Log;
import android.view.View;
import android.widget.Button;
import android.widget.EditText;

import java.util.ArrayList;

public class MainActivity extends AppCompatActivity {

    private EditText editText;
    private AlertDialog.Builder builder;

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

    }

    // **************************
    // ダイアログ・フラグメント 本体
    // **************************
    public static class MyDialogFragment extends DialogFragment {

        // このメソッドは、MainActivity からインスタンスを作成する為に使用します
        // ※ ユーザ専用のメソッドです( 名前は何でもいいです )
        // ※ フラグメントでは、通常のコンストラクタは使用不可
        public static MyDialogFragment builder(ArrayList<String> param) {
            MyDialogFragment myDialogFragment = new MyDialogFragment();
            // システムが再作成する際に渡されるパラメータ
            Bundle args = new Bundle();
            // 情報をセット
            args.putStringArrayList("param", param);
            myDialogFragment.setArguments(args);

            // MyDialogFragment を返す
            return myDialogFragment;
        }

        @Override
        public Dialog onCreateDialog(Bundle savedInstanceState) {

            AlertDialog.Builder builder = new AlertDialog.Builder(getActivity());

            // 最初にセットしたパラメータを元に作成
            ArrayList<String> param = getArguments().getStringArrayList("param");

            // 確認
            builder.setTitle(param.get(0));
            // 実行しますか?
            builder.setMessage(param.get(1));

            // OK
            builder.setPositiveButton(param.get(2),
                    new DialogInterface.OnClickListener() {
                        @Override
                        public void onClick(DialogInterface dialog, int which) {
                            // MainActivity を呼び出す
                            ((MainActivity)getActivity()).dialogYesClick();
                        }
                    });

            // キャンセル
            builder.setNegativeButton(param.get(3),
                    new DialogInterface.OnClickListener() {
                        @Override
                        public void onClick(DialogInterface dialog, int which) {
                            // MainActivity を呼び出す
                            ((MainActivity)getActivity()).dialogNoClick();
                        }
                    });

            return builder.create();
        }
    }


    // **************************
    // ダイアログのボタン処理
    // **************************
    public void dialogYesClick() {
        Log.i("lightbox","dialogYesClick");
    }
    public void dialogNoClick() {
        Log.i("lightbox","dialogNoClick");
    }


    // **************************
    // ダイアログ・フラグメントの表示
    // **************************
    public void buttonClick(View view) {

        // ダイアログ( フラグメントに渡す情報 )
        ArrayList<String> dialog_param = new ArrayList<String>();
        dialog_param.add("確認");
        dialog_param.add("実行しますか?");
        dialog_param.add("YES");
        dialog_param.add("キャンセル");

        // ダイアログフラグメントを作成して表示
        MyDialogFragment myDialogFragment = MyDialogFragment.builder(dialog_param);
        // フラグメントとしてキャンセル可能
        myDialogFragment.setCancelable(true);
        // ダイアログの表示
        // ※ android.app.DialogFragment;
        myDialogFragment.show(getFragmentManager(),"dialog");

    }


}


<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:orientation="vertical"
    tools:context=".MainActivity">

    <Button
        android:id="@+id/button"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:onClick="buttonClick"
        android:text="Button" />

</LinearLayout>




posted by at 2017-05-29 17:40 | Comment(0) | テンプレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SQLの窓全体の検索
Loading
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します