2017年05月29日


初期値設定した配列を ListView に表示 ( メニューから実行 )

MainActivity 内で定義した単純な文字配列を使用し、ListView 内の画面定義を Android SDK 内で定義されている android.R.layout.simple_list_item_1 を使用して表示します。

再表示を想定して作成しているので、メニューからのイベントで処理されるようになっています。


package com.example.lightbox.listviewtest;

import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.os.Bundle;
import android.view.Menu;
import android.view.MenuItem;
import android.widget.ArrayAdapter;
import android.widget.ListView;

public class MainActivity extends AppCompatActivity {

    private String[] data = new String[] {
            "スルガ銀行",
            "楽天銀行",
            "ジャパンネット銀行",
            "りそな銀行",
            "あおぞら銀行",
            "埼玉りそな銀行",
            "三菱東京UFJ銀行",
            "近畿大阪銀行",
            "イオン銀行",
            "琉球銀行",
            "ソニー銀行",
            "住信SBIネット銀行",
            "北國銀行",
            "三井住友銀行",
            "西日本シティ銀行",
            "常陽銀行",
            "北陸銀行"
    };

    private ArrayAdapter<String> arrayAdapter;
    private ListView listView;

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        // リストビュー
        listView = (ListView) MainActivity.this.findViewById(R.id.listView);
        // データが入るオブジェクト
        arrayAdapter = new ArrayAdapter<String>(MainActivity.this,android.R.layout.simple_list_item_1);
        // リストビューにデータが入るオブジェクトをセット
        listView.setAdapter(arrayAdapter);

    }

    @Override
    public boolean onCreateOptionsMenu(Menu menu) {
        getMenuInflater().inflate(R.menu.menu_main, menu);
        return true;
    }

    @Override
    public boolean onOptionsItemSelected(MenuItem item) {
        int id = item.getItemId();

        if (id == R.id.action_1) {

            arrayAdapter.clear();
            arrayAdapter.addAll(data);
            return true;

        }

        return super.onOptionsItemSelected(item);
    }

}


<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:orientation="vertical"
    tools:context="com.example.lightbox.listviewtest.MainActivity">

    <ListView
        android:id="@+id/listView"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="match_parent" />

</LinearLayout>


<menu xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    tools:context="com.example.lightbox.menusample.MainActivity">

    <item
        android:id="@+id/action_1"
        android:orderInCategory="100"
        android:title="リストビューを表示"
        app:showAsAction="never" />

</menu>




posted by at 2017-05-29 21:43 | Comment(0) | テンプレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SQLの窓全体の検索
Loading
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します