2017年08月20日


インターネットの画像を Bitmap で表示

Drawable で表示する方法もありますが、表示サイズの管理が面倒ですし、画像はいろいろな処理をテストする場合に目視で確実に結果を確認できるので、Bitmap(実際には Stream) で取り回して行くほうが良いと思います。


Nexus4 768x1280 : 画像 400x320

import android.graphics.Bitmap;
import android.graphics.BitmapFactory;
import android.os.AsyncTask;
import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.os.Bundle;
import android.view.View;
import android.widget.ImageView;
import android.widget.Toast;

import java.io.IOException;
import java.io.InputStream;
import java.net.URL;

public class MainActivity extends AppCompatActivity {

	private String image_url;
	private ImageView imageView;
	private URL url;
	private InputStream inputStream;
	private Bitmap bitmap = null;

	@Override
	protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
		super.onCreate(savedInstanceState);
		setContentView(R.layout.activity_main);

		image_url = "https://lightbox.sakura.ne.jp/demo/image/sample.jpg";
		imageView = (ImageView) MainActivity.this.findViewById(R.id.imageView);

		// ボタンをクリック
		MainActivity.this.findViewById(R.id.button).setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
			@Override
			public void onClick(View view) {

				new AsyncTask<String, Void, Bitmap>() {

					// 非同期処理
					@Override
					protected Bitmap doInBackground(String... params) {

						// Bitmap
						bitmap = null;
						try {
							// インターネット上の画像を取得して、Bitmap に変換
							url = new URL(params[0]);
							inputStream = (InputStream) url.getContent();
							bitmap = BitmapFactory.decodeStream(inputStream);	// ここではオプションは指定していません
							inputStream.close();

						} catch (IOException e) {
							e.printStackTrace();
						}

						return bitmap;
					}

					// UI スレッド処理
					@Override
					protected void onPostExecute(Bitmap bitmap) {

						// Bitmap 取得に成功している場合は表示します
						// ※ 引数のローカル変数を使用
						if (bitmap != null) {
							imageView.setImageBitmap(bitmap);
							Toast.makeText(MainActivity.this,"画像を表示しました",Toast.LENGTH_SHORT).show();
						}

					}
				}.execute(image_url);
			}
		});
	}
}


画面
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
              xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
              xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
              android:layout_width="match_parent"
              android:layout_height="match_parent"
              android:orientation="vertical"
              tools:context=".MainActivity">

    <Button
        android:id="@+id/button"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="Button" />

    <ImageView
        android:id="@+id/imageView"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="wrap_content"
        app:srcCompat="@mipmap/ic_launcher"/>

</LinearLayout>


※ 要 android.permission.INTERNET



posted by at 2017-08-20 17:58 | Comment(0) | テンプレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SQLの窓全体の検索
Loading
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します